島の生態系を守るために

トップページ > 島の生態系を守るために

奄美大島に生息している野生動物たち

撮影:伊藤 圭子

  • アマミノクロウサギアマミノクロウサギ
  • ケナガネズミケナガネズミ
  • アマミトゲネズミアマミトゲネズミ
  • ズアカアオバトズアカアオバト

診察の様子

  • アカショウビンアカショウビン
  • アマミノクロウサギアマミノクロウサギ
  • アマミノクロウサギアマミノクロウサギ
  • ズアカアオバトズアカアオバト
  • サシバサシバ

奄美ネコ条例に関して

奄美大島、徳之島では「飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例(ネコ条例)」があり、ネコちゃんを飼っている方は登録をする必要があります。
奄美市のネコちゃんに関しては病院にて登録ができます(登録料500円をお預かりします)。他市町村に関しては、飼い主様ご自身で登録をお願い致します。
現在ネコ条例では、ネコの登録、やむを得ず外に出る子は避妊・去勢手術をすること、マイクロチップの挿入はいずれも義務化となっており、違反した場合は過料となります。

ネコちゃんの不妊手術の助成金に関して

平成30年度、奄美大島の各市町村でネコちゃんの不妊手術の助成金制度があります。助成額は市町村によって異なり助成をうけられる頭数にも限りがあります。詳しくは各市町村の担当課にお問い合わせください。
奄美大島では、外に出るネコちゃんは不妊手術が義務となっています。

ネコちゃんのマイクロチップの助成に関して

奄美大島のネコちゃんは登録と共にマイクロチップの装着が義務化されています。
各市町村により助成がありますので、まずは各市町村へお問い合わせください。
来院予約は必要ありません。来院時に印鑑をお持ちください。
装着に時間はかかりませんが、病院が苦手な子は、ネット等へ入れた状態でキャリーケースに入れてご来院することをお勧めします。

〜ご注意〜
  • 既にネコ登録しているネコちゃんは、マイクロチップ装着の旨の変更届を提出する必要があります(マイクロチップの登録(日本獣医師会)と、猫条例の登録(市町村)は管轄が別になります)。
  • 住所変更や登録情報の変更があった場合は、日本獣医師会と市町村それぞれ変更を届け出る必要があります。特にマイクロチップの情報変更を忘れてしまうと、万が一迷子で保護された場合に連絡がつかないことがあります。忘れないように気を付けてください。
  • マイクロチップは発信機ではありません。脱走してしまった際に、居場所が探せるわけではありません。